honai.me / blog

WSLのsystemdサポートでDocker Engineをサービスとして利用する

背景

WSLでのsystemdサポート

WSL (Windows Subsystems for Linux) でsystemdのサポートがプレビューリリースとして公開されたことがアナウンスされました。

Systemd support is now available in WSL! - Windows Command Line

Docker DesktopなしでのWSL

WindowsでLinux用の(Windows Containerではない)Dockerを利用するときには、

  • Docker for Desktopを利用する方法
  • WSL2のディストリビューションに直接インストールする方法

があると思います。 後者の、Docker DesktopなしでWSL2ディストリビューションに直接インストールして使う場合、systemdが動かない現行のWSL2では、

sudo /etc/init.d/docker start

のようなコマンドでデーモンを起動する必要がありました(プロファイルなどを使って自動化することはできます)。

参考: Docker Desktopに依存しない、WindowsでのDocker環境 - Qiita

systemdがサポートされることで、Dockerもsystemdのサービスとして利用できるため、自動でサービスが起動され、systemctl 等のコマンドでデーモンを制御できるようになります。

プレビューリリースのWSLで試してみる

Disclaimer

WSLのsystemdサポートは執筆時点でプレビューリリースですので、試す場合は自己責任でお願いします。 筆者の環境は Windows 11 Pro 22H2 (Build 10.0.22621.521) 、インストールしたプレビューリリースのWSLのバージョンは 0.68.4 です。

プレビューリリースのWSLの入手

アナウンス の発表時点(2022年9月21日)では、 WindowsのInsiderビルドを利用している場合は、Microsoft Store経由でインストール(アップデート)できます。そうでない場合もGitHubからインストーラを入手できるということです。

https://github.com/microsoft/WSL/releases

最新バージョンのAssetsから Microsoft.WSL_{version}_x64_ARM64.msixbundle のようなファイルをダウンロードし、ダブルクリックしてインストールします。

WSL2のディストリビューションのインストール

PowerShell等から wsl --install コマンドを使ってディストリビューションをインストールします。筆者はDebianを使っているので以降はDebianでの例になっています。

WSLのインストールが初回の場合はここでWindowsの再起動が必要になるかもしれません。

WSLの設定ファイルでsystemdサポートを有効に

公式ドキュメント: https://learn.microsoft.com/en-us/windows/wsl/wsl-config#systemd-support

インストールしたWSLのディストリビューションを起動して、 /etc/wsl.conf を作成し、以下の内容を書き込みます。

[boot]
systemd=true

設定を反映するため、PowerShell等で wsl --shutdown でWSLを終了し、再び起動します。以下のコマンドでサービスの状態を確認できたら、正しく設定できているといえるでしょう。

sudo systemctl list-unit-files --type=service

systemctl list-unit-filesの出力結果

Docker Engineのインストール

続いてDockerをインストールします。Docker Desktopは使わないので、公式ドキュメントのLinux向けのDocker Engineのインストール方法に従ってWSL上でインストールします。

Install Docker Engine | Docker Documentation

上記のページからディストリビューションごとにインストール方法のページに飛べるのでWSLのディストリビューションに合わせてインストールしてください。

Dockerがサービスとして動作していることを確認

インストールが終わったら、Dockerのデーモンがサービスとして動作しているか確認します。

$ sudo systemctl status docker
● docker.service - Docker Application Container Engine
Loaded: loaded (/lib/systemd/system/docker.service; enabled; vendor preset: enabled)
Active: active (running) since Sat 2022-10-08 18:19:09 JST; 11min ago
TriggeredBy: ● docker.socket
Docs: https://docs.docker.com
Main PID: 155 (dockerd)
Tasks: 13
Memory: 104.0M
CGroup: /system.slice/docker.service
└─155 /usr/bin/dockerd -H fd:// --containerd=/run/containerd/containerd.sock

active (running) になっていればOKです。 docker run hello-world などで動作確認もしておきましょう。

一度 wsl --shutdown でWSLを終了した後、再び起動したときにもデーモンが動いていることが確認できると思います。

おまけ: VSCodeのRemote ContainersでWSL内のDockerを利用する

先ほど参照したQiitaの記事(Docker Desktopに依存しない、WindowsでのDocker環境)でも言及されていますが、 Visual Studio Codeでコンテナ内に直接接続できる機能において、常にWindows上のDockerではなくWSL上のDockerを利用するオプションがあります。

remote.containers.executeInWSL で機能のオンオフ、 remote.containers.executeInWSLDistro でディストリビューションを指定できます。

VSCodeのRemote ContainersでWSL内のDockerを使う設定

参考 :https://github.com/microsoft/vscode-docs/blob/main/remote-release-notes/v1_61.md#execute-in-wsl-setting

まとめ

WSLのsystemdサポートによって、WSL2のディストリビューション上でサービスとしてDockerを利用できることを確認できました。